生命保険の契約

子供ができると保険の重要性が分かる

生命保険には絶対入らないという友人がいました。理由は単純で、自分が受け取るわけではないから、です。でも結婚して子供ができてからは随分変わって、今はちゃんと入っているそうですが、聞けば奥さんは元保険のセールスレディだったそうです。

以前勤めていた会社の同僚は生命保険会社に勤めました。いろんな保険を提案してくれて結構助かってます。自営業をやっているので経営者保険なるものがあると言いうのも初めて知りました。そういう情報はありがたいですね。

何かをやろうとする時、ダメになった時の事を考えるのは出来ればしたくないのですが、最悪の状況は考えておかないといけないですよね。そういうのが保険なのだと思います。どうなるのかわからないのが人生ですからね。

今は子供の保険もたくさんあるらしいですね。やはり将来の為に貯蓄するより保険に入った方が有利だと思う人が増えているのでしょう。聞けばいろいろなサービスやオプションがあって、一度説明を聞いてみるべきかと思いますね。

自宅の事務所で仕事をしているので、昼間いろんな来客が多いですね。保険会社の方も多いですね。月曜日が非常に多いような気がします。でも私も飛び込み営業の辛さを知っているので、なるべく邪険にはいたしません。

抗がん剤の投与は種類によって細胞の働きを止めてしまう役割があるそうです。基本治すという事では無く、進行を妨げるという事になるのでしょうか。でも一時的なものなのですぐに細胞は復活しますが、怖いものですね。